「九州工大 鳳龍クラブ」賛助会員募集
九州工大鳳龍クラブ

明専会員の約24%の会員が集中している東京支部を中心とした首都圏では早くから「東京明専センター(仮称)」設立委員会を作ってアピールを続けてきましたが、多年の宿願が実り、1984年(昭和59年)に母校創立75周年記念事業の一環として募金1億円をかけ「明専会東京センター」として実現いたしました。そして東京センターの運営は東京支部に任きれたため、支援団体として賛助会員を募って「九州工大鳳龍クラブ」を設立しました。

「九州工大鳳龍クラブ」は東京のビジネス中心地「新橋」という交通至便な場所に位置し、首都圏の会員の活動拠点として年間4000人近くの人が利用しています。
皆様はいつでもお気軽にお立ち寄りになれる憩いの場です。多くの皆様のご利用、ご来場をお待ちしております。

なお、九州工大鳳龍クラブを将来とも存続させ、ますます発展させていかなければなりません。賛助会費は主として、クラブの運営に必要な諸経費に充てられております。その安定的運営には賛助会員の継続的な支援が不可欠ですが、設立当初は300名いた賛助会員も高齢化と転出などにより減少傾向が続き、現在は約150名に半減しています。首都圏特に東京支部会員の新たなご参加をお願いしております。

このたび賛助会員に参加し易いように会費を抑えた「平成特別賛助会員」の制度を設けました。皆様の絶大なるご支援、御協力をお待ちしています。

賛助会員 :年会費原則 1口 1万円/年
平成特別賛助会員 :年会費 1口 5,000円/年
応募窓口 :九州工大鳳龍クラブ

閉じる