明専会とは

一般社団法人明専会の概要

 明専会は大正4年に「明専学士会」との名称で誕生し、昭和4年に「明専会」と名称変更しました。その後、昭和34年には「社団法人 明専会」、平成20年には「一般社団法人 明専会」として認可されました。誕生以来、母校の後援組織として、教育・研究の援助と会員相互の連絡啓発を2本の柱に掲げ、有益な事業を行っております。また、在学生、卒業生、教員の交流の場所として「百周年中村記念館」(大学構内)や「鳳龍クラブ」(東京・新橋)の活用や運営も行っております。
 会員(3万7千人以上)は、広く各方面で活躍しておりますが、輝かしい伝統に培われた強い母校愛と同窓の絆で結ばれており、全国でも注目されている後援組織であります。
 全国各地に49支部11部会を、うち海外にも1支部(北京市)が置かれ、毎年種々の会合が行われ、会員相互の親睦、啓発を行っています。
 明専会員のバックボーンは母校創立の理念、すなわち、「技術に堪能なる士君子」たることであります。在学生も準会員として入学時から本会に加入して頂き、本会の一員として、活動して頂いております。在学中から学生生活はもちろん大学院への進学や就職のお世話、さらには就職後の職場の生活などに、多数の会員が支援を惜しまず、協力しております。

「明専会」の主な事業は次の通りです。(H28.10更新)

  1. 明専会・グローバル人材育成支援(学生を海外に派遣しグローバル人材を育成する事業の支援)
  2. 明専会・創造学習支援(有翼ロケット、人工衛星、学生フォーミュラ、ロボカップ等の創造的人材を育成するための学生プロジェクトの支援)
  3. 大学と連動した人材育成支援(明専寮におけるグローバルリーダー育成事業の支援)
  4. 「明専塾」の開催 (国内トップ企業で働いている明専会員による人材育成事業)
  5. 「明専スクール」の開催 (明専会員が選ばれた就職内定学生に行うトップアップビジネススクール)
  6. 明専会員による就職活動指導(就活生にとって大変心強い支援です)
  7. 九州工業大学文化講演会、出前講義、キャリアセンター等への支援
  8. 九州工業大学交響楽団運営費援助・明専杯剣道大会運営費補助
  9. 交流の場である「百周年中村記念館」(大学構内)や「鳳龍クラブ」(東京新橋)の活用
  10. 機関誌「明専会報・Kyutech Journal」の配布
  11. 卒業生名簿の管理及び提供
  12. 全国各地49支部11部会の活動
  13. その他目的を達成するために必要な事業

会長あいさつ

〈平成29年 年頭所感〉

明専会基盤強化の加速的展開 …新階層へ絆をつなげるために…

明専会会長 高原 正雄(機43)


 新年おめでとうございます。
 明専会会員の皆様におかれましては、新しい希望を胸によい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 昨年を振り返って、世の中で何かいいことがあったかということに思いを巡らせてみましたが、あまり思い浮かびません。それほどよくないことが多く、騒がしく過ぎた年だったと思います。「世界同時株安」から始まり、「ホンハイ・シャープ買収」、「ベルギー同時テロ事件」、「英・EU離脱」、そして、「トランプ・ショック」など、世界の指導者たちのナショナリズム的な言動が目立ち始めました。将来、世界はどうなるのだろうか、本当に不安になります。
 国内の自然災害では、4月に発生した熊本大地震が本当に衝撃的な災害でした。故郷九州がまさか半分に分断されるのではいう不気味な地震でした。明専会本部は直ちに会員たちの被災状況を確認し、被害に遭われた会員には見舞金を添えてお見舞いの言葉を申し上げました。「被害にあった自分たちに対し、明専会が迅速にお見舞いをしてくれた、その心に感激!」といって、同窓の絆を再認識された言葉をいただきました。私は、この「絆」こそが、同窓会組織にとって一番大切なことであると思っております。そこで、母校および明専会の100周年を契機に「明専会の絆」を強化することを最重要課題として、各種の事業が展開されております。そして、昨年はいよいよ本格的な展開のために「明専会基盤強化委員会」を発足させて精力的に活動を開始いたしました。
 図1は、皆様に何度かお示ししておりますが、明専会の伝統的な絆の好循環を表すものであります。

図1 明専会の伝統的な絆の好循環

 「明専会は結束力の強い同窓会組織」であるといった定評は、どのように形成されたのでしょうか?おそらく、その原点は、明専・九州工大の教育の環境が永い間、「学生と直接交流し、愛情を注いだ先生たちの教育」にあったと思います。その影響を受け、先輩は後輩を大事にする、そして、後輩は先生や先輩に従う。いうなれば、山川先生の教訓「忠孝・言責・廉恥・勇気・礼儀・服従・節倹・摂生」に通じるものがあります。しかし、100年という永い年月を経て、環境は大きく変化しました。その結果、正会員(会費をきちんと納入している会員)の数は年々減少してきております。
 今後も図1のような好循環で、明専会が母校を支援し続けるためには、何としてでも新階層へ絆をつなげなければなりません。
 昨年、基盤強化委員会は現代社会における気質や諸事情を考慮し、「会員満足度の向上」を基本としながら、準会員(学生)および若手会員、女性会員の行事参画を中心とした新らしい絆を構築する各種の具体的事業を企画し、活動を開始したところであります。今年は、その活動を加速的に展開する所存であります。
 本年も昨年に引き続き、明専会の存在意義を高めるため、皆様のご支援の下、役員一同手を携えて前進して参りたいと思います。
 年頭にあたり、皆様のご繁栄とご多幸を祈念しご挨拶といたします。

(いすゞ自動車・理事)

高原正雄

役員

 平成27年3月 第3回定時社員総会・臨時理事会の決議により選任
 任期は平成29年3月 第5回定時社員総会まで
 以下 順不同

会長高原 正雄機43基盤強化推進委員長
副会長中島 喜満金43 総務部会長、東京センター運営部会長
副会長松尾 秀樹機二52募金事務局会議議長
副会長納富 啓 加48
副会長牟田 信次制49支部活動運営部会長
常務理事永松 正博子47
理事植山 高次電44
理事尾仲 武基二電44
理事小副川 義昭機二48
理事山内 経則院子49
理事徳丸 雅夫機二49
理事河野 文隆制49
理事林田 晋一郎制49組織管理部会長
理事田中 博 二機50
理事蔵本 正彦化51
理事岩下 智伸子52
理事鶴田 隆治機54学生育成運営部会長
理事石橋 一郎制56同窓の絆運営部会長
理事竹中 繁織環57
理事花本 剛士電59広報部会長
理事坂本 喜信機二H3
理事木内 勝 M情シH7
監事小野 良二情56
監事長谷部 浩一化60
監事山口 富子金61


名誉会員

宮里 達郎九州工業大学学長(H11.10 - H15.9)
下村 輝夫電44九州工業大学学長(H15.10 - H22.3)
松永 守央九州工業大学学長(H22.4 - H28.3)
山本 一元化32明専会会長(H18.4 - H25.3)


相談役

上村 健司鉱31
篠田 實電31
新川 尚人電35
北島 保和機36
佐伯 晃一機36
大鶴 英嗣機42
柴田 明弘機42

明専スクール校長・明専塾塾長

明専塾塾長北島 保和機36
明専スクール校長西尾 一政加47
明専塾
明専会公式Facebook
九州工業大学
九州工業大学
鳳龍クラブ
奨学金・語学賞・技術賞

明専会本部

〒804-0015
北九州市戸畑区仙水町1-1
九州工業大学内
Tel: 093-881-2346

大きな地図で見る

東京センター(鳳龍クラブ)

〒105-0004
東京都港区新橋2-20-15
新橋駅前ビル1号館5階503号
Tel: 03-3572-2009

大きな地図で見る