明専会とは

一般社団法人明専会の概要

 明専会は大正4年に「明専学士会」との名称で誕生し、昭和4年に「明専会」と名称変更しました。その後、昭和34年には「社団法人 明専会」、平成20年には「一般社団法人 明専会」として認可されました。誕生以来、母校の後援組織として、教育・研究の援助と会員相互の連絡啓発を2本の柱に掲げ、有益な事業を行っております。また、在学生、卒業生、教員の交流の場所として「百周年中村記念館」(大学構内)や「鳳龍クラブ」(東京・新橋)の活用や運営も行っております。
 会員(3万7千人以上)は、広く各方面で活躍しておりますが、輝かしい伝統に培われた強い母校愛と同窓の絆で結ばれており、全国でも注目されている後援組織であります。
 全国各地に49支部11部会を、うち海外にも1支部(北京市)が置かれ、毎年種々の会合が行われ、会員相互の親睦、啓発を行っています。
 明専会員のバックボーンは母校創立の理念、すなわち、「技術に堪能なる士君子」たることであります。在学生も準会員として入学時から本会に加入して頂き、本会の一員として、活動して頂いております。在学中から学生生活はもちろん大学院への進学や就職のお世話、さらには就職後の職場の生活などに、多数の会員が支援を惜しまず、協力しております。

「明専会」の主な事業は次の通りです。(H28.10更新)

  1. 明専会・グローバル人材育成支援(学生を海外に派遣しグローバル人材を育成する事業の支援)
  2. 明専会・創造学習支援(有翼ロケット、人工衛星、学生フォーミュラ、ロボカップ等の創造的人材を育成するための学生プロジェクトの支援)
  3. 大学と連動した人材育成支援(明専寮におけるグローバルリーダー育成事業の支援)
  4. 「明専塾」の開催 (国内トップ企業で働いている明専会員による人材育成事業)
  5. 「明専スクール」の開催 (明専会員が選ばれた就職内定学生に行うトップアップビジネススクール)
  6. 明専会員による就職活動指導(就活生にとって大変心強い支援です)
  7. 九州工業大学文化講演会、出前講義、キャリアセンター等への支援
  8. 九州工業大学交響楽団運営費援助・明専杯剣道大会運営費補助
  9. 交流の場である「百周年中村記念館」(大学構内)や「鳳龍クラブ」(東京新橋)の活用
  10. 機関誌「明専会報・Kyutech Journal」の配布
  11. 卒業生名簿の管理及び提供
  12. 全国各地49支部11部会の活動
  13. その他目的を達成するために必要な事業

会長あいさつ

〈平成30年 年頭所感〉

盤石なる「絆」と「財政基盤」の構築…会員サービスと大学支援の充実化に向けて…

明専会会長 高原 正雄(機43)


 新年おめでとうございます。
 会員の皆様におかれましては、新しい希望を胸によい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 故郷の九州は、一昨年4月の熊本大地震、そして、昨年7月の九州北部豪雨と、度重なる大被害を受けました。会員関係には大きな被害がなかったことは何よりでしたが、今でも多くの方が不自由な生活を送って居られることに心が痛みます。
 昨年もまた、日本を代表する企業の不正事件が相次ぎ発生しました。最も大切なお客様の信頼を裏切って、目先のコストや納期に走るのは明らかに優先順位エラーであります。日本のものづくり「ジャパン・アズ・ナンバーワン」がもはや地に落ち掛かったという感がして悲しくなります。安定経済成長が続いたあと、1991年からの「失われた20年」の間に経済のみならず、経営者や現場のレベルも劣化してしまったのだと思います。さらには、政治家の低レベル言動やマスコミの偏向報道、世界の指導者たちの自国最優先主義がますます拡散されてきました。
 そういった状況下で新しい年を迎えていますが、私どもは新たな希望と目標を定め、明専会の発展に向けて突き進んで参りたいと思います。まず、明専会の100周年を契機に発足した「明専会基盤強化委員会」の2年間の検討と活動により、会員の絆強化の兆候と会の財政基盤構築の方向が具体的に見えつつあります。

      図1 明専会の伝統的な絆の好循環

 会員の絆強化の兆候について、具体的には、会員の新しい絆として、学生会員の明専会への帰属性や女性会員の明専会活動、若手会員の自律的交流が目立つようになりました。また、年長会員の啓発活動は、従前に倍する活発なものになっております。加えて、九州工大と明専会の組織的に連動した事業活動は文科省からも高く評価されています。さらに会員の絆のツールでもある明専会報の質は近年かなり高くなってきています、加えて、新しく展開したFacebook(明専会公式Facebookの活用によるコミュニケーションも著しく増えてきました。同窓の絆があちこちで芽生え始めています。さらに発展的に前進させ盤石な会員の絆を構築させていきたいと思います。
 会の財政基盤構築の方向性については︑従前の会費納入会員の勧誘活動の反省を踏まえ︑新たに新社会人キャンペーンを展開してきました。加えて、入学時終身会費制の導入検討などを精力的に進めておりますが、これは会費制度の大きな変革でもあり、その実現に向けて大学と協調して全力で取り組みたいと思います。
 図1は、皆様に何度もお示ししておりますが、明専〜九州工大へ至る永い歴史の中で継承された明専会会員の「強い絆」と「燃えるような母校愛」の伝統は、是非とも次世代へと繋げていかねばなりません。
 現執行部は、本年も一丸となって、盤石なる「絆」と「財政基盤」の構築に向けて活動を進めて参ります。会員の皆様におかれましては、倍旧なるご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
 末筆になりましたが、社会の平和と皆様のご繁栄、ご多幸を祈念して、年頭のご挨拶といたします。

(いすゞ自動車・理事)

高原正雄

役員

 平成29年3月 第5回定時社員総会・臨時理事会の決議により選任  任期は平成31年3月 第7回定時社員総会まで  以下 順不同

会長高原 正雄機43基盤強化推進委員長
副会長 中島 喜満 金43総務部会長、東京センター運営部会長
副会長 松尾 秀樹 機二52
副会長 石橋 一郎 制56明専塾塾長
副会長 牟田 信次 制49支部活動運営部会長
副会長 鶴田 隆治 機54学生育成運営部会長
常務理事永松 正博 子47
理事 尾仲 武基 二電44
理事 小副川 義昭 機二48
理事 河野 文隆 制49
理事 林田 晋一郎 制49組織管理部会長
理事 小野 聡 電51
理事 蔵本 正彦 化51
理事 福島 裕充 金52
理事 竹中 繁織 環57
理事 南  正貴 二機57同窓の絆運営部会長
理事 土器 勉 二電57
理事 木原 義幸 開58
理事 花本 剛士 電59広報部会長
理事 池田 利夫 子59
理事 井上 淳司 機62
理事 片峯 恵一 情機H04
監事 小野 良二 情56
監事 長谷部 浩一 化60
監事 山口 富子 金61


名誉会員

宮里 達郎九州工業大学学長(H11.10 - H15.9)
下村 輝夫電44九州工業大学学長(H15.10 - H22.3)
松永 守央九州工業大学学長(H22.4 - H28.3)
尾家 祐二九州工業大学学長(H28.4 – )
山本 一元化32明専会会長(H18.4 - H25.3)


相談役

新川 尚人電35
北島 保和機36
佐伯 晃一機36
大鶴 英嗣機42
柴田 明弘機42
植山 高次電44

明専スクール校長・明専塾塾長

明専塾塾長石橋 一郎制56
明専スクール校長西尾 一政加47
明専塾
明専会公式Facebook
九州工業大学
九州工業大学
鳳龍クラブ
奨学金・語学賞・技術賞

明専会本部

〒804-0015
北九州市戸畑区仙水町1-1
九州工業大学内
Tel: 093-881-2346

大きな地図で見る

東京センター(鳳龍クラブ)

〒105-0004
東京都港区新橋2-20-15
新橋駅前ビル1号館5階503号
Tel: 03-3572-2009

大きな地図で見る