明専会報

明専会報

 国立大学法人九州工業大学は、私学明治専門学校として、北九州、戸畑の地に開学以来、百余年の歴史を持つ大学です。
 その同窓会組織、一般社団法人明専会は、母校支援と同窓会運営を主に活動しています。
 大学の伝統を在校生(学生会員)に継承するとともに、大学の「今」を卒業生(正会員)に伝え、同窓会活動も合わせて広報することにより、会員相互の親睦と組織の活性化をめざすコミュニケーション誌。それが、明専会報 Kyutech Journalです。
 創刊は1916年(大正5年)。脈々と続く全国屈指の同窓会誌のひとつです。
 1回の発行部数は、平均約1万6000部(平成28年実績)、現在は年に6回、隔月/奇数月15日に発行しています(ただし、3月分は4月に発行)。
 今も、会員の間に年代を越えた連帯感を生みだす源泉として、その役割を果たしています。

会員の方はパスワードをご入力下さい。

明専会報


2017年11月発行
明専会報 2017年11・12月号
• 研究室・技術紹介 2件
• 明専会 慰霊祭
• 平成28年度 卒業論文題目一覧  ・・・他

表紙をクリックすると拡大されます。
第891号(平成29年11-12月号):ALL (※全ての記事を一括ダウンロードできます)
表 紙 : 平成29年度明専スクール(第1日目)
目 次
研究室・技術紹介
カメラ・照明と計算機・情報技術の融合 情報工学研究院知能情報工学研究系 教授  岡部孝弘
「物質」を「材料」に 〜構造制御で超伝導を使いこなす〜 大学院工学研究院物質工学研究系 准教授  堀出朋哉
明専会 慰霊祭
明専会慰霊祭 明専会常務理事(子47)  永松正博
明専会慰霊祭 追悼の詞 明専会会長(機43)  高原正雄
追悼の詞 九州工業大学長  尾家祐二
慰霊祭への思い 2件/御遺族代表挨拶 名誉会員(化32)山本一元/元相談役(鉱31)上村健司 /細川邦典様ご遺族 細川寛子様
慰霊祭スナップ
退任にあたって
相談役退任にあたって 鉱31  上村健司
明専会と私との39年間 電31  篠田 實
平成28年度 卒業論文題目一覧
フリートーク
CO2回収‒EORで石油増産と温暖化対策を達成 機47  突田芳宏
言葉と文字 特別会員  山本 宏
連  載
私の一句 化36  吉田克己
藤田哲也「ある気象学者の一生」(3)
「明専会100年の群像」より(13) 疋田 昭(電28) 電44(文責:100年史編集委員長)  植山高次
支部・会合だより
平成29年度呉支部総会/第62回北九州中原会開催報告
平成29年度呉支部若手交流会/東京支部機械分会 平成29年度土用会を開催
東京支部 中央寮歌祭’17/第37回責善会水泳部OB戦
平成29年度明星会ビアパーティ/東京支部 第8回明トラ・クラブ分会対抗戦の結果報告
平成29年度石川支部幹事会/平成29年度機械系学生 工場見学団歓迎会の報告
ご案内
工大祭で明トラを楽しみませんか?
第55回嘉村記念賞受賞候補者の推薦依頼
本部記事
叙勲おめでとうございます/受賞おめでとうございます(学生受賞)
『Web版明専会報』のご案内/明専会報11・12月号読者アンケートへのご協力のお願い
訃 報/一般寄付の御礼/編集後記/平成29年度会費納入について
【Web限定】交流のひろば
第135回明専塾(地元企業):内定者として参加した明専塾 工学部マテリアル工学科4年  橋本優太
第136回明専塾(日新製鋼):第136回明専塾(日新製鋼)の参加報告 工学部機械知能工学科  眞田悠暉
広  告
ダイヤモンド秀巧社印刷株式会社
明専会広報部会より
☆☆明専会報 読者アンケートにご協力ください☆☆
明専塾
明専会公式Facebook
九州工業大学
九州工業大学
鳳龍クラブ
奨学金・語学賞・技術賞

明専会本部

〒804-0015
北九州市戸畑区仙水町1-1
九州工業大学内
Tel: 093-881-2346

大きな地図で見る

東京センター(鳳龍クラブ)

〒105-0004
東京都港区新橋2-20-15
新橋駅前ビル1号館5階503号
Tel: 03-3572-2009

大きな地図で見る