支部・その他からのお知らせ

第97回明専塾「HONDA」開催報告

2015/11/24 文責者:安永晋拓/金加60

1.概要

 飯塚キャンパスが鮮やかな紅葉で包まれる2015年11月12日(木)、第97回明専塾「HONDA」を開講しました。HONDAは二輪・四輪・汎用製品を全世界に向け年間約2800万台、サービスを含め提供している輸送機器・機械工業メーカーです。本塾では、日頃研究開発に取り組んでいる本学のOB・OGより、HONDAの原点・フィロソフィー・事業内容、そしてお客様の想いを超える商品を目指して開発に取り組んでいる研究者各人の想い・情熱・仕事への取り組み姿勢について学生の皆さんにメッセージを込めてお話しをさせていただきました。

 

2.講演会

 講演会には、情報工学部の学生、教職員の皆様、合計39名の出席者に参加をいただきました。徳丸センター長の開会挨拶のもと会は和やかな雰囲気で始まりました。準備期間3ケ月、沢山のメッセージを伝えたい、熱弁のあまり大幅に時間を超過してしまいましたが、集中力を途切らすことなく熱心に講演を聴いていただきました。

(1)「HONDAの創業理念と事業内容」

    本田技術研究所 四輪R&Dセンター  9G4  安永晋拓(金加60卒)

    創業者本田宗一郎の想い、その想いに魅かれ集い展開してきた二輪・四輪・

汎用事業そして航空機事業への挑戦について、逸話を交えて紹介しました。

(2)「入社3年間の仕事紹介 ~Nシリーズ シート開発~」

    本田技術研究所 四輪R&Dセンター 鈴鹿分室 寺本真理(マテH24卒)  

    入社1年目の研修実習の様子、その後正規配属から3年目迄の、スキルアッ

    プして行く姿を、直近の経験談としてエールを込めてお伝えしました。

(3)「燃料電池車を創るよろこび」

    本田技術研究所 四輪R&Dセンター  5G5  内藤秀晴(電電H9卒)

    電気系ベテラン研究者として、ゼロから自らの意思で仕様を創り上げて行く

よろこびを燃料電池車の開発を通してメッセージとして発信しました。

(4)「私の仕事」

    本田技術研究所 四輪R&Dセンター  11G6 雲丹亀真剛(設機H9卒)

    機械系出身のエンジニアとして、スペシャリストの域に達する迄の自己実現

の過程と心構えについて叱咤激励を込め、語りかけながら伝授しました。

 

▲ 安永 晋拓                        ▲ 寺本 真理

 

▲ 内藤 秀晴                     ▲ 雲丹亀 真剛

3.懇親会

 懇親会は、講演会会場横のラーニングアゴラ内にて、学生39名、教職員10名、HONDA社員4名の合計53名の出席者に参加いただき、徳丸センター長の司会進行のもと、延山英沢情報工学部長の乾杯のご挨拶で開会しました。乾いた喉を潤したOB・OGは各テーブルに分かれ更なる本音トークで学生、教職員の皆様と交流を深めさせていただきました。学生からは、専門性の活かし方、明確にイメージしている希望職種に就くためには、海外駐在にむけた想い、環境車や航空機にかける夢や期待などなど、製造業に対する沢山の関心や質問が寄せられ、アドバイスを贈ったり一緒に考えている間に有意義な時間は瞬く間に経過し、恒例とお聞きした最若手社員による一言スピーチと一本締めで楽しい会はおひらきとなりました。

 

▲ 本田技術研究所社員                            ▲ 懇親会         

4.所感

 学生の成長と飛躍を願って開催される明専塾、改めて素晴らしいセミナーであることを実感しました。大学、明専会の方々の温かみのある運営の下、OB・OG達は各自温めてきたメッセージを伝え、学生は熱心に吸収しようと耳を傾け、懇親会では更に理解を深めよう、そして自分の考えも聞いてもらおうと楽しい会話が弾みます。

 学生の皆さん、この明専塾で出来るだけ多くの企業の、そしてそこで働く先輩達の話を聞いて、皆さんの船出に備えて下さい。就活の参考とされたい方は、自分との相性を塾を通して肌感で見極め、意中と定めた企業があれば引き寄せて行って下さい。

 九州工業大学で学びし者、だれしも社会で活躍する基盤は出来ていると思います、自信を持って世界に向けてチャレンジして下さい、これからも機会を得て積極的に支援を、そして激励をして行きたいと思います。

 

5.世話人

 大学 飯塚キャンパスキャリアセンター長 徳丸雅夫特任教授

 企業 株式会社本田技術研究四輪R&Dセンター 

9G4 安永晋拓(金加60卒)他3名

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社のAdobe® Reader®が必要です。
※古いバージョンのAcrobat Readerをお使いの場合、保存できないことがあります。
保存できない場合は、バナーから最新版をダウンロードしてご利用ください。

一覧へ戻る

明専塾
明専会公式Facebook
九州工業大学
九州工業大学
鳳龍クラブ
奨学金・語学賞・技術賞

明専会本部

〒804-0015
北九州市戸畑区仙水町1-1
九州工業大学内
Tel: 093-881-2346

大きな地図で見る

東京センター(鳳龍クラブ)

〒105-0004
東京都港区新橋2-20-15
新橋駅前ビル1号館5階503号
Tel: 03-3572-2009

大きな地図で見る