支部・その他からのお知らせ

第111回明専塾「九電」開催報告

2016/04/25 文責者:一般社団法人 明専会

講演会の様子
 

1.    講演会
 講演会は16:20から戸畑キャンパス、中村記念館2F多目的ホールにて行われ、学生68名、教職員4名、九州電力社員6名の合計78名に参加いただき、熱心に講演を聞いていただきました。
 ①16:20~16:45 「明専という強力なコミュニケーションツールの使い方」
  技術本部 総合研究所 エネルギー応用技術グループ  大熊 康彦(D情科H18卒)
 ②16:45~17:10 「九電におけるダイバーシティ推進」    
  人材活性化本部 ダイバーシティ推進グループ  園田 理恵(情知H5卒)
 ③17:10~17:35  「自然災害(雷害)との戦い ~雷観測~」
  技術本部 総合研究所 ネットワーク技術グループ       栗原 聡史(M電H15卒)
 ④17:35~18:00 「情報システム部門の役割と九電におけるICT利活用」
  情報通信本部 情報技術グループ 大塚 康裕 (情生H21卒)
 ⑤18:00~18:25 「幅広い九州電力で働いてきたことを振り返って」
  事業推進本部 グループ経営計画グループ 西岡 介士 (電61卒)
 ⑥18:25~19:00 質疑応答・懇談会

 

 講演会後には、さらに詳しい業務内容などを聞きたい学生の皆さんに30分程の団らんの場を設けました。
 参加した学生からは「先日に起きた熊本の震災に九州電力がどのように動いたかの話を聞いて胸が熱くなった。地球に貢献できる仕事をしたい」「明専塾に参加したのが今回初めてだったのですが、先輩方が九州電力でどんな事をしているのかわかり強い使命感をもって仕事をしているのがつたわりました。次回も参加したいと思いました」「研究の話だけでなく、人生の先輩としての話もあり、楽しく聞くことができた」というコメントが寄せられ、大変有意義な時間を過ごすことができました。


2.    世話人
 大学 工学研究院 教授 白土竜一
 企業 九州電力株式会社 土器 勉  他5名

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社のAdobe® Reader®が必要です。
※古いバージョンのAcrobat Readerをお使いの場合、保存できないことがあります。
保存できない場合は、バナーから最新版をダウンロードしてご利用ください。

一覧へ戻る

明専塾
明専会公式Facebook
九州工業大学
九州工業大学
鳳龍クラブ
奨学金・語学賞・技術賞

明専会本部

〒804-0015
北九州市戸畑区仙水町1-1
九州工業大学内
Tel: 093-881-2346

大きな地図で見る

東京センター(鳳龍クラブ)

〒105-0004
東京都港区新橋2-20-15
新橋駅前ビル1号館5階503号
Tel: 03-3572-2009

大きな地図で見る