支部・その他からのお知らせ

第58回響洋会出席報告

2017/02/23 文責者:木原義幸/開土58

 

 

 

 平成29年2月21日(火)18:00~20:00、北九州市小倉北区の小倉飯店にて、第58回響洋会(北九州地区交流会)が開催されました。

 今回の講演は、九州工業大学 宇宙環境技術ラボラトリーの 増井 博一 助教(機科H13)による「超小型衛星の現状と未来」でした。 超小型衛星が多く作られるようになった背景や理由、九州工業大学が超小型衛星の開発に不可欠な役割を担っていること、衛星技術の開発途上国への移転の取り組み についてのお話を聞くことができました。
 特に、サークルのように様々な学科の学生が集まって衛星の開発に取り組んでいること、日本と開発途上の4カ国とが共同して衛星開発を行うプロジェクトでは、現役の学生がリーダーとしての役割を果たした と聞いて感心しました。
 その後、質問タイムも設けられました。

 講演後は、上村 健司 代表幹事(鉱31)より、「響洋会も高齢化が進み、出席者が少なくなってきているが、お互い健康に気をつけながら続けていこう。」との挨拶があり、事務局の北島保和先輩(機36)の音頭で乾杯を行い懇親会に入り、歓談しながら小倉飯店のおいしい料理とお酒をいただきました。

 今回は、永松正博さん(子47)、石橋一郎さん(制御56)の二人の明専会常務理事、増井先生のもとで衛星の開発に携わっている学生2名も含め、24名の参加がありました。

 

 

 響洋会は、北九州地区在住の60歳前後以上(原則)の明専会会員(登録会員数:約70名)を対象として、小倉で年に4回開催しています。今後は、若い方の参加も受け入れたいとのことです。参加希望の方は、事務局の北島さんにお問い合わせ下さい
 

~ 連絡先 ~ 響洋会事務局・北島 保和(機S36卒) メールアドレス: y.kitajima@mbh.nifty.com
  (文責:木原義幸 開58、小倉支部事務局、北九州市役所勤務)

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社のAdobe® Reader®が必要です。
※古いバージョンのAcrobat Readerをお使いの場合、保存できないことがあります。
保存できない場合は、バナーから最新版をダウンロードしてご利用ください。

一覧へ戻る

明専塾
明専会公式Facebook
九州工業大学
九州工業大学
鳳龍クラブ
奨学金・語学賞・技術賞

明専会本部

〒804-0015
北九州市戸畑区仙水町1-1
九州工業大学内
Tel: 093-881-2346

大きな地図で見る

東京センター(鳳龍クラブ)

〒105-0004
東京都港区新橋2-20-15
新橋駅前ビル1号館5階503号
Tel: 03-3572-2009

大きな地図で見る