支部・その他からのお知らせ

福岡支部中原会 8月例会のご案内

2017/08/06 文責者:藤田英輔/制シスH13

今回は、今話題の太陽光発電と電力系統運用の諸課題について、分かり易くお話ししていただきます。講師は九州電力でその運用に長年携わってこられ、当クラブ初登場、剣道の腕前も相当な方で楽しみです。

 なお、8月の例会開催は6年振りで、第4水曜日(23日)に開催します。

 (いつもの第3水曜日ではないので、くれぐれもお間違えのないように・・)

 

テーマ【九州における太陽光発電の実態と出力抑制について】

  

  太陽光発電については、FIT法により固定価格で買い取られることから、ここ数年で大量に導入され、平成24年度は、111万kWであった接続量が、平成28年度末では、697万kWにまで増加している。未接続のものまで、合計しますと28年度末で1,677万kWとなっております。

もっとも、太陽光発電が全九州一斉にフル発電する訳ではありません。夏の最大需要が1,780万kW程度であることから、太陽光や風力などの再生可能と言われている発電方式で全量賄えるのではとの無責任な話も出ています。ただ、実際の系統運用というものは、単純な数字の積み上げという訳には行かないのが現実です。

  今回は、なぜ太陽光発電の出力抑制が必要であるのか、抑制する場合のルールは、どうなっているのか、そして具体的には、どのように運用されていくのかについて簡略化して説明いたします。ちなみに現在働いております、九州電気保安協会の業務の中には、太陽光発電所の主任技術者というものもあり、その関連で 少し、協会のPRもさせていただきたいと考えています。

 

講師 : 堀田 利博(ほった としひろ)氏 (S 55年 制御工学科卒)

 (略 歴)

S55.4 九州電力株式会社入社

S55.5 宮崎支店上椎葉発電所勤務

S56.8  福岡支店福岡電力所発変電課勤務

S57.8  福岡支店発変電課勤務

S60.8  本店勤務

H 5.7  鹿児島支店発変電課副長(工事担当)

H 9.7  大分支店総合制御所当直課長

H11.7  北九州支店小倉電力所北九州系統給電制御所当直課長

H13.7  本店系統運用部中央給電指令所当直課長

H17.7  北九州支店送変電統括部北九州系統給電制御所副所長

H20.7  佐賀支店送変電統括部総合制御所長

H23.7 福岡電力センター中央系統給電制御所長

H25.7  佐賀電力センター総合制御所長

H28.7  九州電気保安協会出向

H28.11 九州電力㈱定年退職、九州電気保安協会 理事長付部長  至現在

 

日 時:平成29823()  18:0020:00

場 所:福岡市中央区渡辺通り 電気ビル本館 地下4階(B4)社員食堂

       (エレベーターでB3まで降り、更に階段を下る)

会 費:3,000円

世話人:掛本和典(電48)井手利廣(電48)山下裕彦(機37)

松田憲明(電43)合田信之(化43)藤田英輔(情制H13)

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社のAdobe® Reader®が必要です。
※古いバージョンのAcrobat Readerをお使いの場合、保存できないことがあります。
保存できない場合は、バナーから最新版をダウンロードしてご利用ください。

一覧へ戻る

明専塾
明専会公式Facebook
九州工業大学
九州工業大学
鳳龍クラブ
奨学金・語学賞・技術賞

明専会本部

〒804-0015
北九州市戸畑区仙水町1-1
九州工業大学内
Tel: 093-881-2346

大きな地図で見る

東京センター(鳳龍クラブ)

〒105-0004
東京都港区新橋2-20-15
新橋駅前ビル1号館5階503号
Tel: 03-3572-2009

大きな地図で見る