支部・その他からのお知らせ

第136 回明専塾「日新製鋼」開催報告

2017/10/03 文責者:日新製鋼(株)グループ開発本部 香月淳一

見学会終了後の集合写真 

 

1.概要 

 日新製鋼(株)は普通鋼、表面処理鋼、ステンレス鋼、特殊鋼の薄板を製造する高炉メーカーの中でも特徴ある会社です。開催場所は九州工大から最も近い山口県周南市にある、周南製鋼所、ステ ンレス高合金研究所です。周南製鋼所はステンレス鋼製造拠点として最大規模の生産ラインを有しています。研究所も併せて観て頂くことで「百聞は一見にしかず」を体感して頂くことを目的としております。本見学会は今年で6回目です。 

 

2.スケジュール
 今回は工場見学会、研究所見学会並びに講演会を一泊二日にて行いました。 学生 21 名、引率教員 1 名の合計 22 名が参加しました 
 1) 1日目:9月28日(木)
  10:00 九州工大から貸切バスで出発 
  12:00 日新製鋼・周南製鋼所着。昼食、休憩
  13:00   会社概要説明
  14:00~16:30 製鋼所見学会、質疑応答 
  17:00~18:30 日新製鋼・保養施設に移動。OB 講演会 

 

 ◆ 講演会 ・九工大 各学科OB による講演  
  (1) 「私の仕事内容」:
  周南製鋼所 製鋼部 製鋼技術チーム 主任部員 本田裕樹
  (2) 「日新製鋼の研究、商品開発について」:
  ク ゙ループ開発本部 ステンレス高合金研究所 主席研究員 香月淳一

 
 ◆ 懇親会 18:30~20:30  OB との懇親会。解散後、ホテル移動、宿泊
 2) 2 日目:9月29日(金)
  9:00~ 9:30 ホテル出発。研究所着。研究概要説明
  9:30~11:00 研究見学、質疑応答 
  11:00~12:00 人事部・人材開発チームリーダーによる会社説明 
  12:00~13:00  昼食 
  13:00~  貸し切りバスで当社発。九州工大着
 

4.明専塾を開催してのご感想 
 原料溶解から製品化されるまでの製造一貫工程を観て頂くことで現場のダイナミックさ、スケール感を肌で感じて頂けたのではないかと思います。 
 季節的に蒸し暑い時期でしたので、快適な見学とはなりませんでしたが、懇親会では皆さんと貴重なひととき、交流をすることができました。 
 弊社には九工大OBが多数在籍しており、見学会は毎年開催しております。今後とも見学会へのご参加方、よろしくお願い致します。 

 

5.後輩へ一言
 みなさんは数年後、社会人になりますが、さまざまな制約(仕事等)が出てきて、「光陰、矢のごとし」、あっという間に年月が過ぎて行きます。「学生時代にもっと○○をやっておけばよかった」思いを(出来る限り)抱くことがないよう、残りの学生生活、大切な日々を過ごしてください。 
 

6.世話人 
 大学 機械知能工学科 教授 野田尚昭 
 企業:日新製鋼(株)人事部 人材開発チームリーダー 平澤嘉一
    グループ開発本部 主席研究員 香月淳

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社のAdobe® Reader®が必要です。
※古いバージョンのAcrobat Readerをお使いの場合、保存できないことがあります。
保存できない場合は、バナーから最新版をダウンロードしてご利用ください。

一覧へ戻る

明専塾
明専会公式Facebook
九州工業大学
九州工業大学
鳳龍クラブ
奨学金・語学賞・技術賞

明専会本部

〒804-0015
北九州市戸畑区仙水町1-1
九州工業大学内
Tel: 093-881-2346

大きな地図で見る

東京センター(鳳龍クラブ)

〒105-0004
東京都港区新橋2-20-15
新橋駅前ビル1号館5階503号
Tel: 03-3572-2009

大きな地図で見る