支部・その他からのお知らせ

【お願い】九州工業大学公認サークル KIT-ロボコンより

2017/10/31 文責者:占部悦朗 / 電気電子工学科3年


 

*** KIT-ロボコンより 寄付のお願い ***
 

 

 初めまして。九州工業大学工学部公認サークルのKIT-ロボコンです。
 

 私達KIT-ロボコンは、NHK学生ロボコンや全日本マイクロマウス競技大会などのロボットコンテストに参加すべく去年設立されました。現在は、2018年6月10日に行われる“NHK学生ロボコン2018 ~ABUアジア・太平洋ロボコン代表選考会~”の本戦に出場すべくロボットを製作しております。
 


 

 私たちの参加しているNHK学生ロボコンとは、NHK(日本放送協会)が主催するロボットコンテストのことで、コンテストの様子はテレビでも放映されます。競技内容は毎年変わり、2018年はベトナムに伝わる伝統行事をコンセプトとした競技が行われます。この競技では自律制御ロボットが紐をつけた玉の紐部分を持って投げ、フィールドに立ててあるリングに通し点数を競い合います。また、自律制御ロボットの他に、玉を自律機に渡す手動機もルール上必要となります。
 

 NHK学生ロボコンに参加するためには、少なくとも2台のロボットを製作しなければいけません。全国大会レベルのロボットを製作しようとすると、1個当たり6万円ほどのモータが必要になり、4輪ロボットを2台作るためにはモータだけで50万円ほどのお金が必要となります。
 また、これはモータだけの値段であり、車体用のフレームやセンサ類、フィールド製作用の資材を購入するためにはもっとお金が必要となります。さらに全国大会に出場する際には予備部品を購入する必要もあり、年間を通して約200万円の予算が必要と考えております。

 

 今年度、私達KIT-ロボコンは学生プロジェクトの萌芽的プロジェクトに採用され年間30万円の活動資金を支援していただいております。しかし先ほどの通り、ロボット製作のためには莫大な予算が必要であり部品のグレードを落とすなど節約をしておりますが、すでに活動資金が尽きようとしています。NHK学生ロボコンは全国大会の様子がテレビで放映されるという大会の性質上、ロボットに企業のロゴなどを貼ることは難しく、そのためスポンサー様を探すことも困難となっております。ですので、今回、九州工業大学卒業生の皆様のお力添えをお願いしたく明専会のホームページに記事を載せていただきました。
 

 当団体の活動実績としましては、去年初めてNHK学生ロボコンに参加し、第一次動画審査まで通過しました。現在は指導教員の先生や九州工業大学の卒業生でNHK学生ロボコンの優勝経験がある先輩のご指導のもと、全国大会優勝を目標に放課後や休日に毎日4時間程活動をしております。活動の様子はブログやSNSなどに詳しく載せております。興味のある方はぜひご覧ください。

 

 まことに勝手なお願いですが、何卒よろしくお願いします。

 

ブログ https://ameblo.jp/kit-robocon/

連絡先 kyutech.kitrobocon@gmail.com(送信時、@マークを半角に変更してください)

 

 

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社のAdobe® Reader®が必要です。
※古いバージョンのAcrobat Readerをお使いの場合、保存できないことがあります。
保存できない場合は、バナーから最新版をダウンロードしてご利用ください。

一覧へ戻る

明専塾
明専会公式Facebook
九州工業大学
九州工業大学
鳳龍クラブ
奨学金・語学賞・技術賞

明専会本部

〒804-0015
北九州市戸畑区仙水町1-1
九州工業大学内
Tel: 093-881-2346

大きな地図で見る

東京センター(鳳龍クラブ)

〒105-0004
東京都港区新橋2-20-15
新橋駅前ビル1号館5階503号
Tel: 03-3572-2009

大きな地図で見る