支部・その他からのお知らせ

第 142 回明専塾「JNC」開催報告

2017/11/27 文責者: 

講演会の様子 

1.概要 
 JNC㈱は第142回明専塾として、第81回明専塾から約3年ぶりに明専塾を開催させていただきました。弊社は化学素材を社会に供給するメーカーですが、化学系だけではなく、機械系、電気電子系と様々な九工大OBOGが活躍しています。それぞれの学部出身者がJNCの事業や仕事について講演させていただきました。 

 

2.講演会 
 講演会には16:20から戸畑キャンパスC-1A講義室にて行われ、学生45名、教職員・JNC株式会社社員13名の計58名が参加しました。 

 

 ①16:20~16:40 『 チッソ・JNCの歴史と概要 』
  化学品統括部 参事 岡 隆弘 (化55卒) 
 ②16:40~17:00 『 JNC における海外勤務の機会について 』
  繊維事業部 事業企画室 次席 湊本 皇司 (物化H6 卒) 
 ③17:00~17:20 『 JNCにおける機電エンジニアの役割 』
  守山工場 生産技術課 課長 田中 寛人 (設機H7卒) 
 ④17:20~17:30 『 中堅社員の歩みと今後の役割 』
  市原研究所 第1 センター第 10 グループ 矢野 匡一 (物化H21 卒) 
 ⑤17:30~17:40 『 若手社員の業務紹介と九工大生に伝えたいこと 』
  リクソンセンター品質管理課 山本 由貴 (応化H24 卒)
 ⑥17:40~17:50 質疑応答

 

3.懇親会 
 懇親会は、18:10から中村記念館1Fフォーラムで行われ、学生33名、教職員・JNC株式会社社員14名の合計47名が参加しました。 

 

懇親会の様子 

 

4.明専塾を開催しての感想 
 明専塾開催に際しご助力を頂きました山村先生、明専会事務局の皆様、ご参加いただいた学生様に、まずは御礼申し上げます。ありがとうございました。 
皆様との交流を通して感じたことは、私たち社会人が高い目標とモチベーションで楽しく仕事をしている姿に、皆様も社会へ出ることに期待するのだろうということです。これからも化学素材の供給を通じてさらなる社会の発展に貢献して参りたいとあらためて思いました。 
 

 5.在学生へ一言
 進学や就職など皆様はこれから色々と考え悩むと思います。明専塾のような社会で活躍するOB・OGとの交流は、インターネットで触れる情報よりも必ず皆様の進路選択に活きてくると思います。進学・就職する方も、まったく別の道を考えている方も、このような機会を積極的に活用してください。皆様が選ぶ進路がより良い選択となることを祈念しております。 


6.世話人 

 大学 工学研究院 教授 山村方人
 企業 JNC株式会社 人事部 増田健太郎 他

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社のAdobe® Reader®が必要です。
※古いバージョンのAcrobat Readerをお使いの場合、保存できないことがあります。
保存できない場合は、バナーから最新版をダウンロードしてご利用ください。

一覧へ戻る

明専塾
明専会公式Facebook
九州工業大学
九州工業大学
鳳龍クラブ
奨学金・語学賞・技術賞

明専会本部

〒804-0015
北九州市戸畑区仙水町1-1
九州工業大学内
Tel: 093-881-2346

大きな地図で見る

東京センター(鳳龍クラブ)

〒105-0004
東京都港区新橋2-20-15
新橋駅前ビル1号館5階503号
Tel: 03-3572-2009

大きな地図で見る