支部・その他からのお知らせ

第157 回明専塾「安川電機グループ」開催報告

2018/07/24 文責者:石橋一郎(制 56)

講演会の様子

 

1.概要
 安川電機と関係会社のトップ層・管理者層の九工大 OB から、ロボット事業、エンジニアリング事業、ベスタクト® 事業(実際の製品も回覧)、モータ事業を実際の技術開発に入社したばかりの九工大卒業生も関わっている様子も含めて説明致しました。学生の皆さんも、講演者自身の人生訓も含めた熱のこもった講演に、大変興味深く聞き入っていたようです。終了後の懇親会でも学生と大いに交流できました。 

 

2.講演会 

 講演会には 16:20 から若松キャンパス 生命体工学研究科 1F ホールにて行われ、 学生 43 名、教職員他 6 名、安川電機グループ社員 9 名の計 58 名に参加いただき、 熱心に講演を聞いて頂きました。  

 

 ① 16:20 ~ 16:30
 ・ 安川エンジニアリング㈱ 代表取締役社長 高崎秀紀(電 55 卒)からご挨拶
 ・ 安川電機グループの紹介と、本日の講演者・参加者の紹介
   (安川コントロール㈱吉田一昭(子 54)社長は、急用のため不参加となりました) 
 ② 16:30 ~ 16:55 「グローバルに展開する安川電機の産業用ロボット」
   ㈱安川電機 ロボット事業部 事業企画部 営業推進課長 坂本雅宏(制 63 卒)
 ③ 16:55 ~ 17:20「安川エンジニアリングの紹介と品質保証体系」
   安川エンジニアリング㈱ 代表取締役社長 高崎秀紀(電 55 卒) 
 ④ 17:20 ~ 17:50 「安川コントロールの紹介と新市場を捉える取組みと展望」
   安川コントロール㈱ 取締役メカトロ事業部長 松浦勝彦(子 60 卒) 
 ⑤ 17:50 ~ 18:10「安川モートルの紹介とモータつくり 100 年の軌跡と今後の展望」
  安川モートル㈱ 取締役品質保証部長 出光利明(電 56 卒) 
 
3.懇親会 
 懇親会は、18:30 から生命体工学研究科 1F ホールで行われ、学生 41 名、教職員他 6 名、安川電機グループ社員 9 名の合計 56 名が参加しました。 
 
懇親会の様子
 
4.明専塾を開催しての感想 
 安川電機は、2008 年 12 月の第 1 回明専塾を皮切りに、過去に戸畑で 5 回、飯塚で 2回の安川電機明専塾(一昨年からは安川電機グループ明専塾)を開催してまいりましたが、今回、若松キャンパスでは初めての開催となりました。若松キャンパス開催は難しいと言われておりましたが、花本生命体工学研究科長や平原キャリアセンター長のご尽力により開催できました。ご準備いただいた関係者の皆様へは深く感謝致します。 
 また、学生の皆さんも、若松のみならず、戸畑・飯塚からも多数ご参加いただき大変ありがとうございました。熱心に聴講いただき、安川電機グループの先輩方の仕事ぶりに興味を持っていただけと思いますし、先輩の人生訓も参考になったと思います。
 
5.在学生へ一言
 実社会で活躍中の先輩方から、話を聞くことができ、また懇親会の席で直接会話できるという同窓会(明専会)が支援しているこの明専塾は、他大学には見られない取り組みで、文科省からも高い評価を得ている学生支援活動です。九工大の学生は、恵まれていると思います。私の学生時代にはなかった取り組みで、うらやましい限りで
す。 

6.世話人 
 大学:生命体工学研究科 キャリアセンター長 平原学(制 53 卒)
 企業: ㈱安川電機 技術部 知的財産担当技師長 石橋一郎(制 56 卒) 

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社のAdobe® Reader®が必要です。
※古いバージョンのAcrobat Readerをお使いの場合、保存できないことがあります。
保存できない場合は、バナーから最新版をダウンロードしてご利用ください。

一覧へ戻る

明専塾
明専会公式Facebook
九州工業大学
九州工業大学
鳳龍クラブ
奨学金・語学賞・技術賞

明専会本部

〒804-0015
北九州市戸畑区仙水町1-1
九州工業大学内
Tel: 093-881-2346

大きな地図で見る

東京センター(鳳龍クラブ)

〒105-0004
東京都港区新橋2-20-15
新橋駅前ビル1号館5階503号
Tel: 03-3572-2009

大きな地図で見る