支部・その他からのお知らせ

第 155 回明専塾「パナソニック」開催報告

2018/07/31 文責者:南野 知幸

講演会の様子 

 

1.概要 
 パナソニックの九工大 OB の 3 名による講演を行い、商品やサービスの開発最前線で奮闘している内容や従来の家電分野だけでなく他の新規分野への挑戦について赤裸々に学生に伝えました。そして、講演会や懇親会でも学生から多くの質問が熱心に行われ、とても興味を持って頂けていることを再認識しました。 


2.講演会 

 講演会には 16:20 から飯塚キャンパス ラーニングアゴラにて行われ、 学生 69 名、教職員他 6 名、企業 5 名の計 80 名に参加いただき、 
熱心に講演を聞いて頂きました。 

 

 ① 16:20~16:50 「入社 1 年目に感じたこととモチベーション」
  パナソニック株式会社 アプライアンス社
  ホームエンターテインメント事業部 次世代ネットワーク事業推進部
   鬼塚 雄佑   (情知 H27 卒 久代研究室)
 ② 16:50~17:20 「パナソニックの車載セキュリティ開発取組について」
  パナソニック株式会社 AIS社
  オ ートモーティブ事業 オートモーティブ開発本部
   関屋 翔一朗 (情子 H23 卒 尾家研究室) 
 ③ 17:20~17:50 「クラウドと連携した新しい家電とは~これまでの 10 年とこれからの 10 年~」
  パナソニック株式会社 アプライアンス社  
  ホームエンターテインメント事業部 次世代ネットワーク事業推進部部長
   郷原 邦男 (情知 H13 卒 江島研究室) 

 

3.懇親会 

 懇親会は、17:50 からラーニングで行われ、学生 35 名、 教職員他 7 名、企業 5 名の合計 47 名が参加しました。 

 

懇親会の様子 

 

4.明専塾を開催しての感想 
 卒業後の母校への繋がりはリクルート活動を通じてのみでしたが、常々それだけでは十分伝えきれていないのではないかと疑問に感じることがありました。それを明専塾を行うことで、十二分に伝えることができ、多くの学生から熱い質問を頂き交流できました。今後もこのような機会を持たせて頂ければと思いに至りました。普段よりも多くの明専塾および懇親会の参加とのことで大変うれしく思います。 

 

5.在学生へ一言
 パナソニックは創業 100 周年を迎える会社ではありますが、日々新たにチャレンジを行っており、従来の家電の分野のみから、自動車分野や BtoB 分野にも幅広く取り組んでいます。今回講演した OB も含め活躍している OB もその最前線で新たな分野でチャレンジを行っております。入社したての新入社員も同様にチャンスが多く与えられチ ャレンジができますので、明専塾に参加頂き興味を持って頂いた学生には是非一人でも多く来ていただきたく思っています。 


6.世話人 

 大学: 知能情報工学科 准教授 國近 秀信
 企業: パナソニック株式会社 南野知幸  他 4 名 

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社のAdobe® Reader®が必要です。
※古いバージョンのAcrobat Readerをお使いの場合、保存できないことがあります。
保存できない場合は、バナーから最新版をダウンロードしてご利用ください。

一覧へ戻る

明専塾
明専会公式Facebook
九州工業大学
九州工業大学
鳳龍クラブ
奨学金・語学賞・技術賞

明専会本部

〒804-0015
北九州市戸畑区仙水町1-1
九州工業大学内
Tel: 093-881-2346

大きな地図で見る

東京センター(鳳龍クラブ)

〒105-0004
東京都港区新橋2-20-15
新橋駅前ビル1号館5階503号
Tel: 03-3572-2009

大きな地図で見る