支部・その他からのお知らせ

第64回響洋会出席報告

2018/08/28 文責者:木原義幸/開58

 

 

 平成30年8月22日(火)18:00~20:15、北九州市小倉北区の小倉飯店にて、第64回響洋会(北九州地区交流会)が開催され、21名が参加しました。 今回の講演は、下関支部長で、(株)EECJ 代表取締役社長 の 城下 隆 様(二材58) による、「森林整備とエネルギー利用について」でした。 最初に、この講演を推薦した 永松 正博 明専会常務理事(子47)から、城下様の紹介がありました。 城下様は、中途退社後、現役時代に培ったノウハウを活かして、環境にやさしいエネルギー供給の分野でいくつかの会社やNPO法人を設立され、山口県を中心に、自治体や幅広い産業分野と連携してご活躍になっているとのことです。

 講演では、バイオマス発電において事業採算性を確保するためには、発電効率を上げるとともに、熱利用を進めることによって全体のエネルギー効率を上げることが課題であるが、欧州等に比べて熱供給インフラが整っていない日本では難しく、これを解決すべく、山口県の湯本温泉で宿泊施設に熱を供給する実証実験を行っていること、供給する電気代を重油価格に連動させたため重油価格が安価な時期には収入が少ななること 等が紹介されました。

 講演の後には質問タイムが設けられ、川田 正興 先輩(左;化38)と 島谷 哲雄 先輩(右;化38)から、企業経営状態を案じるような質問が出され、最後には激励のお言葉もありました。

 私は、北九州市建築都市局在任中に、環境モデル都市の指定を受けるための資料作成や、二酸化炭素の削減量の推計に携わった経験があり、この講演を大変興味深く聞きました。

 

 

 講演の後は、北島さんの乾杯の発声で、懇親会に移りました。
 Bテーブルでは、城下さんを囲んで、引き続き意見交換が行われてい

ました。

 響洋会は、北九州地区在住の60歳前後以上(原則)の明専会会員(登録会員数:約70名)を対象として、小倉で年に4回開催しています。今後は、若い方の参加も受け入れたいとのことです。参加希望の方は、事務局の北島さんにお問い合わせ下さい

 ~ 連絡先 ~
  響洋会事務局・北島 保和(機36卒)
  メールアドレス:y.kitajima@mbh.nifty.com

 

( 文責:木原義幸 開58、理事・小倉支部事務局、北九州市役所勤務 ) 

 

 

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社のAdobe® Reader®が必要です。
※古いバージョンのAcrobat Readerをお使いの場合、保存できないことがあります。
保存できない場合は、バナーから最新版をダウンロードしてご利用ください。

一覧へ戻る

明専塾
明専会公式Facebook
九州工業大学
九州工業大学
鳳龍クラブ
奨学金・語学賞・技術賞

明専会本部

〒804-0015
北九州市戸畑区仙水町1-1
九州工業大学内
Tel: 093-881-2346

大きな地図で見る

東京センター(鳳龍クラブ)

〒105-0004
東京都港区新橋2-20-15
新橋駅前ビル1号館5階503号
Tel: 03-3572-2009

大きな地図で見る