支部・その他からのお知らせ

北九州5支部連絡協議会 平成30年度総会 開催報告

2018/11/14 文責者:木原義幸/開58

 

 

 平成30年(2018年)10月16日(火)、北九州市小倉北区の小倉飯店にて、毎年恒例の「北九州5支部連絡協議会 平成30年度 総会」を行いましたので、報告いたします。

 北九州5支部連絡協議会総会は、九州工業大学のお膝元にある「門司」「若松」「戸畑」「八幡」「小倉」といった旧5市の支部の会員相互の交流を促進を図るとともに、大学支援の強化を図るため、毎年開催しており、今回で23回目となりました。

 今回は、延山副学長をはじめとする大学関係者の皆様、永松常務理事をはじめとする明専会本部の皆様、学内で巻頭言や学歌、明トラの伝承・普及を担っている「めいせんサークル」の現役学生4名をお招きし、95名の方にご出席頂き、盛大なものとなりました。 参加者内訳は、以下の通りでした。

  大   学: 6名、 明専会本部:2名
  門司支部: 5名、 若松支部 :14名、 戸畑支部:11名、
  八幡支部:21名、 小倉支部 :32名、 めいせんサークル:4名

 支部総会では、まず、本年度の幹事支部である池田支部長から、北九州5支部の大学支援の体制を強化するため、明専会本部と5支部との橋渡し役として、石橋一郎副会長を5支部連絡協議会の代表幹事に推薦したい との提案があり、満場一致で承認されました。

 その後、石橋副会長から、5支部で連携して、明専スクールや明専塾等を通しての大学・学生支援を強化するとともに、平成会や響洋会、明トラ大会等の会員相互の交流イベントを盛り上げていきたいので、協力をお願いしたい との挨拶がありました。

 続いて、延山副学長からご挨拶をいただき、九工大卒業生は厳しいカリキュラムを乗り越えることで、他の大学と比較して在学中での実力のアップが著しいこと、学生の海外留学等に明専会の支援を受けており感謝している とのコメントがありました。

 そして、永松常務理事からのご挨拶で、終身会員制の拡大に向けて準備をしている との紹介がありました。

 その後、各支部長から活動報告がありました。いずれも、総会を中心に交流活動を行っているが、名簿上の登録会員数は多いものの、実際に住んでいる会員は少なく、総会や交流イベントのへ参加者確保・勧誘に苦慮しているとの現状が紹介されましたが、平成会や明トラ大会、駅伝大会などの共同開催など5支部間の連携を強めてこの課題の解決に臨みたいとの意気込みも表明されました。

 

 

 懇親会は、石橋代表幹事の乾杯で始まりました。
 各テーブルには、着席人数に1~2脚加えた椅子を準備して、席を移ってもゆっくりお話ができるようにしました。その効果もあってか、当初は大学や年齢別に着席していただいておりましたが、終了間際には世代や支部・企業を超えての交流が行われていました。

 途中、全国女子会に参加した守田 加奈子 さん(工学部知能工学科H8・TOTO)から、女子会の紹介と協力のお願いがありました。

 結びに、めいせんサークルの仰木 光(おおぎ こう)部長(工学部機械知能工学科3年生)に、元気な巻頭言を上げていただき、肩を組んでの学歌斉唱で締めくくりました。

 今回は小倉支部が当番幹事でしたが、大学・明専会本部、各支部の支部長・事務局の皆様、受付・写真撮影等スタッフとして従事していただいた小倉支部の皆様に 大変お世話になりました。 この場をお借りして、お礼を申し上げます。
 

  ( 文責:木原義幸 開58、小倉支部事務局・理事、北九州市役所勤務 ) 

 

 

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社のAdobe® Reader®が必要です。
※古いバージョンのAcrobat Readerをお使いの場合、保存できないことがあります。
保存できない場合は、バナーから最新版をダウンロードしてご利用ください。

一覧へ戻る

明専塾
明専会公式Facebook
九州工業大学
九州工業大学
鳳龍クラブ
奨学金・語学賞・技術賞

明専会本部

〒804-0015
北九州市戸畑区仙水町1-1
九州工業大学内
Tel: 093-881-2346

大きな地図で見る

東京センター(鳳龍クラブ)

〒105-0004
東京都港区新橋2-20-15
新橋駅前ビル1号館5階503号
Tel: 03-3572-2009

大きな地図で見る